スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
575>這得来日
 今日は久しぶりに、パウエルが来ているようです。気分がかなりBNだ。まぁパウエルの原因はいつもと変わらないわけだけど、特に出来事があったわけでもなく。パウエルは急に来るよなぁ…憂鬱だ。嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼、HONMAに。。いつまでオレの中に留まるつもりなんだろうかパウエルは、そしてパウエルの原因は。そう言えば、ヤダモンとは久しく会っていないなぁ。元気しているだろうか(とか言うのは少し変な表現だね、へんやもんさん!)。
 オレが現状のまま、このままの言わば「なまじ」ないしは「なかんずく」の状態でずっとずっと生きていく可能性は、大いにあると思う。逆に言えば、「あばれはっちゃく」を経験した末に賀寿麻呂を手中に収めるという可能性もあるだろう。ただ、賀寿麻呂にしてもBNにしても、ずっとその状態を維持させるということはなかなか難しいだろうから、結局のところ「その一瞬」が如何であるかということが一番重要なのかも知れない。そうやってオレはまた刹那主義への道を辿るわけだ。
 楽しいことってなんだろう、憂い事が消えることは無いのかなぁ。『予定』、それは「楽しみ」になりえると思う。いついつになになにがあるから、それまでがんばろう。そんな気分になることがある。これは日曜日(実際には土曜日)を待つ心理にも似ていて、平日は週末を待ち遠しく思い、週末になれば全てから解放されて賀寿麻呂になるのであろうと思っている。実際に週末が訪れると、確かに平日に比べていくらかはPNとした時間を過ごすことができるが、週末はあくまで『週末』であって『救世主』ではないことにも気付いてしまう。。さらに、週末の時間を過ごしている最中にはいつも「次の平日」のことが頭をよぎり、それが憂い事となってしまうわけである。
 結局は、オレの考え方ってのは憂いの中にドップリ浸っているのかも知れないな。憂いやBNやなまじで満たされた海の中で、賀寿麻呂という名の宝石を捜す。宝石が見つからなければ憂いに浸ったまま過ごすことになり、宝石を手に入れたならば宝石を失くしてしまう(酔えば確実に失くすだろう)怖さに身を委ねなければならない。さらに恐ろしいのは、ときたま何の前ぶれも無しに襲ってくるパウエルという名の「嵐」ヤンカー。海に満たされているのがBNってことはね、BASEはBNってことなんだ。オレはなんとかしてこの海を浄化しなければならないね。BNの海で宝石を探すのではなくて、PNの海で機雷を避けながら生きていく方が、基本的には幸せだと思うんだ。基準点がどこにあるかやわ、基準点が。
 女子の話を書こうと思ったが、今日は書くような話題が無い。書いたとしても、実際に起こった事実に基づいたものは何も無くて、オレの脳内を彷徨う女子に対する考え事を書くことになるだろうし。何らかのイベントが、毎日のように起こればいいのに。それは欲張りなんかなぁ…。毎日何かが起こることだけが保障されていれば、10回に1回くらいは賀寿麻呂もあるだろうから(その他が全部BNな事象だったとしても)その1回を楽しみ(希望)にして生きていくことができるのに。あかん、やっぱ今日はパウエルが来てるわ。

~本日のピカ中さん~
そう言うなや。総合したらまぁまぁ幸せやんけ。百歩譲っても普通の範囲内やんけ。

異端児平井


スポンサーサイト
パウエルと僕 | 【2006-08-18(Fri) 12:47:00】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
566>被爆K験
 むぅ、、。賀寿麻呂とBNの狭間で。オレは今、強力な二つの磁石の間に距離を置いて挟まれたパチンコ玉の気分。超絶ピンポイントなバランスでどちらの磁石にもくっつかずに浮遊してるけど、ふと気を抜けばどっちかの磁石に吸い付けられる。片一方は賀寿麻呂の磁石でもう一方はBNの磁石。それはまた、(BNな)過去と(賀寿麻呂な)未来に挟まれた不安定な現在のメタファーであるかも知れない。一つ憂い事が去り、また次の憂い事へ、賀寿麻呂は瞬間にして憂い事に姿を変えるし、刹那やなぁ。継続的賀寿麻呂への道は遠いね。一歩ずつやね。きっついなぁ。
 さて、バターさん考察。25氏曰くのところ、バターさん攻略はかなり難しそうであるとのこと。バターさんの理想は高く、男性に求めるものも大きいのではないかという一つの仮説の基の意見だ。そうなのかなぁ、オレの意見はこうだ。誰にでもチヤホヤされているバターさんだろうけど、さりげない優しさとか特別扱いには弱いんじゃないか、と。これも一つの仮説。まぁ、不毛な話なわけ。まぁまぁ好きな人のことを考えることなんて、たいていの場合不毛やけどね。考えて何か明確な答えが出るってもんじゃない。だから楽しかったりもするわけだけど。そんなことを考えていると、またそれが憂いに思えてきたりもする。イクナイ。
 脈無しか、脈ありか、見分けるのは何を基準に?ここが重要なポイントでもあって、見分けるのは肝要且つ難解だ。とオレは思っている。一般的(平均値)な考え方でいくと脈無しと判断した場合にはその時点で勝負をやめる、ということになるんだろうけど、これまでオレは一度として途中で放棄したことは無い(但し、ヘンノッティンによる強制試合終了は除く)。えらいなぁオレ、と思う。「えらい」というのは「優秀」という意味ではなく「大変な様であり、程度が甚だしい」という意味。えらい話やで。えらい現実や。では、オレが何故今まで途中棄権をしなかったのか?その理由はひとつで、脈有りだと思っていた(自己暗示をかけていた)からだね。えてして、脈有りだと思っていた全ての事柄が全て「脈無し」だったという悲惨な結果でもあるけど。そういう意味では、「脈有り」というのがどういうものなのかオレ自信が分かっていないのかも知れない。結果論でものを言うのは良くないな…、自分自身の全否定になる。
 さてと、その「脈のはかり方」についてであるが、25氏より以下の提言があった。「大義名分にしろお祝いと言ってくれているのだから、お祝いらしいことを何かしらしてくれても不思議ではない。その『何かしら』が如何なるものなのかが脈の指標となるのでは。」さすが稀代のコンサルタントである。むやみにオレを煽るようなことはせず、冷静な立場からの分析をしている。その言葉に続けて彼はこう言った。「アイスバーで身体の中まで温め合え!挿れたったらエエねん!」と、むやみにオレを煽るなよ。アヲリジニーの権威であるHOOL氏なら、こんなとき何と言うのだろう。なんなんなんなん…!
 最近、お友達の名前が女子の名前よりも頻繁に登場している。お友達は大切だ。お友達割拠と言うべきか、記事に登場したことのあるお友達は、kitty、大人族、HOOL氏、アヲヤナギ、25氏、ゼウス氏、シュンポ、コモ君、そのあたりであるかと思う(他にもTKRなどがいたかも知れない)。そんな中、本日はシュンポと呑みに行くわけだ。先日の『えぐい話』を聞いて頂こうかと思う。シュンポも、25氏やkittyと同様に「死ぬべきである。」と言うだろうか。人の意見は十人九色(1人くらいはカブるでしょ)でオモシロイと思うが、本件に関しては情状酌量の余地無く、許され難い非人道的好意(行為ではなく好意というのはちょっとした皮肉である)との認識が大半だ。かのPN主義のHOOL氏ですら「その仕打ちはもはや何かの復讐にすらとれるな。」と舌を巻いた。オレはそんな好意を受けながら、耐ヱ難キヲ耐ヱ、忍ビ難キヲ忍ンデいるのである。心ビックバン!!まぁ、仕方ないさ、オレもオレやしさ。

~本日のピカ中さん~
バターさん以外のことを考えぬ方が良い。

異端児平井


パウエルと僕 | 【2006-08-08(Tue) 12:59:00】 | Trackback:(0) | Comments:(4)
563>起床就寝
 更新が滞るのは問題だけど、更新頻度が下がるのもまた問題。最近、更新頻度が下がっている。激動の頻度が、下がっているということだ。何を楽しみにしようか。未来への希望やな。希望を捨てたら終わりや。希望と憂いはいつも共存するはず。ということで、近況報告。花火だった、オレの人生のことではない。家の近くで花火大会があった。オレは不特定多数の人達とそれを眺め、ひととき且つ束の間の風流を満喫した。みんなといたけど独りだったような気もするし、それはオレに限った事ではないのかも知れない。花火自体は結構良かった。いつかはきっと特定の人と一緒に風流を共有できるようになりたいな。友達が家庭を持ったりして遊んでくれなくなる前に。
 前にも書いた記憶があるけど、季節ごとのイベントというものに、オレはあまり関わらずにこれまで生きてきたような気がする。所謂、風物詩というもの。春はお花見、夏は花火にお祭、秋は紅葉、冬はボード。。それに加えて、バレンタインに誕生日にクリスマス、お正月。楽しいはずのイベントや出来事が、「共有するお友達や彼女がいない」という事実一つで大きな憂い事に変わってしまう。そんなもんだ。それらのイベントに対して、オレが常に憂いを抱いていたわけでは勿論無い。そんな気がする、ただそれだけのこと。今年はオレは海に行くんだろうか、いや、海に行くことが重要なのではない。自分の大切な人と海に行くというイベントを共有できさえすればそれでイイ。
 一方で、季節に限定されない娯楽として、『酒』それに『音楽』がある。「酒と音楽は裏切らない。」最近の専らの流行語であるが、これはまさしい。こんな言い方をすると、オレが『酒』と『音楽』以外のものには全て裏切られてきたようになってしまう。それはどうなんだろう。オレは今まで酒と音楽には裏切られたことが無い、他のものには裏切られた事もあるけど常にそうってわけじゃない。それだけのこと。
 そういうオレが今聞いている曲はThe RamonesのThe KKK Took My Baby Away。ラモーンズだからと言って、中島らもと何ら関係あるわけではない。それにしてもKKKってなんなんだろう。Ku Klux Klanのことなんだろうか。過激な歌だなぁ。オレは『K』というアルファベットが嫌いではない。HのあとにI(愛)があって、IのあとにはオレのイニシャルのJがあって、その次にはKがあるからだ。

~本日のピカ中さん~
The KY Took Your K Away!!

異端児平井


パウエルと僕 | 【2006-08-06(Sun) 20:19:00】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
562>中東楽器
 結局この夏も、花火やお祭りデートをすることなく終わっていきそうな感じである。昨日のgo.comは(とげの無い表現をすると)普通の範囲内だった。イイ子がいなかったのかというと、答えはYESだ。すまない。開催してくれたお友達ありがとう、店は最高だったよ。ただ、いくら女子が普通の範囲内だからと言って楽しくなかったわけではない。女子達がお酒好きということが最大の好ポイントだった。やっぱり、一緒に呑める人じゃなきゃね!そうそう、バターさんは呑み会の席ではしゃいで同僚のネクタイをちぎったことがあるらしい。ちぎられたい!!で、ついでにバターさんと最近どうなのかと言うと、連絡を随分と取っていない。この前連絡したときには沖縄に旅行中だったから、旅行の話聞きたいなぁ的なノリで誘ってみようかとも思案しています。
 ついでに、ブラマヨというキャバ嬢がいたことが皆さんの記憶にあるかは定かではないけど、ブラマヨ事情を少し。ブラマヨとは、時間が合えば一緒に遊びに行こうね!予定分かったら連絡するね!みたいなノリになっているはずだった。されど、待てども待てども連絡が来ないので、さすがのオレも煮えきって「遊んでくれるんかくれんのか、はっきりせえ!」とは言わずに、やんわりと回答を求めたらや、「やっぱお店休めないわ。。でも、仕事前にちょっと御飯とかならいけるよ。」やってさ、代替案として同伴を推奨するつもりだな!!このヴォケ!まぁ、暇潰しに食事くらいはしてやってもイイけど、同伴を頼んできたらその時点でデクトミーやからな!!
 さてと、先日のgo.comが終わってしまったことで、次のイベントに対する布石も無く予定も無い状態となってしまった。まったく、夏本番ってのに寂しい限りだ。ポンロクで呑んだりするのも楽しいけど、やっぱ海とか花火とか祭りとか行きたいよね…。だってさ、昨年買った浴衣、まだ外では一度も着ていないんだもの。着ていないんだなも。だなも、ってなんじゃーー!!?こうなってくると、もうヴァーチャルの世界ないしは酔い宵の国に逃亡するしかなくなるわけで、、そこで思いついたのがDS漬け生活だ。
 英語漬け、というソフトがあるけれど、更にそれを逸してDS漬けでイイと思う。幸いなことに、この季節は高く売れる昆虫が獲れまくるし@ぶつもり、マリヲもまだまだやり残したことがある、ウイイレ大会だってDSで発売されるらしいし(どうせオレが優勝だ)、GAME解禁や!!TKRにもぶつもりを買ってもらったから、付き合わせよう。はやくHOOLも通信できるようにしておくれよ。kittyもあれや、あれ。バレーの練習にDSを持って行って、誰とも喋らずにずっとやっとけ。いつかのキャンプのときみたいに。南瓜の色づく季節!!みたいに。
 さらにオレは思いついた。思い立ったが吉時ということで、サズ(サスー)を衝動買いした。昼休みにペロっと買った。買ったというよりは、カードの番号を教えるだけで配送してくれるらしい。なんてヴォランティア精神が旺盛なんだ。カードの番号くらいいくらでも教えてあげるよ。カードって得やなぁ。だから、この夏はサズを弾く。飽きるまで弾く。すぐ飽きたらMPR。だってな、それくらいしか楽しみ無いヤンカー。バターさんと仲良くなりたい、この贅沢且つ切なる願いがどうか叶いますように…。サズでググれ。
 
~本日のピカ中さん~
スカパラは泣けるなぁ。。

異端児平井


パウエルと僕 | 【2006-08-04(Fri) 12:53:00】 | Trackback:(0) | Comments:(3)
560>暴君八着
 今日は、愚痴をいっぱい言う。言うても仕方の無いことやけど、思いのたけを此処にぶつけるわ。ああああ、憂いや、憂い事ばっかや!パウエルでもガリクソンでもかかってこいや!!泣きながらでも、オレは屍累々タチムカウぞ!ほんま!彼女欲しいわ。。「なんでそんなに彼女彼女言うてるん?彼女が全部なん?」分かったような口聞くなヴォケ!!パートナーのいる奴にそんなこと言われてたまるか!たまらんわ!なんやねん、じゃあ何が全てやねんバカ。別に彼女が全てとか言うてへんやろが、重要度が高いだけやろが!!お前かって、彼氏彼女の関係が無くなるってなったら焦るやろが。焦ってたし、BNになってたんちゃうんかい!オレの気持ち知らん分けちゃうやろ、よくそんなことが言える。
 彼女が欲しいんやから仕方ないやん。それが価値観であって、すぐには変えられへんわ!今まで彼女がいたことが無いからっていうので、憧れみたいなものは確かにあるのかも知れない。それやとしてや、彼氏彼女のおるやつに言われたないわ!潔く彼氏彼女と別れてから言うんやったら別やで、自分はノウノウとしやがってさ、ああもう生きてたくない。腹立ってきた。こっちは必死ですがる思いで言うてるのに、「オレ、彼女できるんかな。。。」「さぁ、できるんちゃう。今は知らんけど。」て何じゃ!その要因の一部は何やと思ってんねん!はぁ、、つかれたわ。パウエルが一匹パウエルが二匹、MAJIDEもうしんどいDEJIMA。よろしいなぁそっちは!泣きたくなるわ。みゃぁ。。
 オレにはどうせ彼女なんかできひんねや…と思うわ。なんで思うかって言うたらや、オレにはどうせ彼女なんかできひんねや…と思ってしまってるからや!そんなこと思ってたらできるはずない。まだ関係が深くない状態で「弱さ」だけを愛してくれる人なんかいるはずないしな。あ~損した!損したわ!弱さ故に弱さに惚れて損したわ!損したとなんか思ってへんわ!!アホ!!「どうせ病」どうにかならんかなぁ、、人間ってある程度は過去の経験に基づいて行動したり感じたりするやろ、それや。それが原因や。あっかんわ。オレがもし昔多少なりとも女性経験があったとしたら、こんなこと思う度合いも低かったんやろな。それが現実では、お前は経験多いからそんなこと言えるんやろが!慣れっこやろバカ!みゃぁ…。キッツイなぁ。。さしずめ見捨てられたわけ、か。
 これまでは、かすかな望みに賭けてきたけど、その希望も全て敗れた。だから、多少の希望があってもマイナスThinkngが勝ってしまうわ。多少の希望があるにもかかわらず負け続ける、そんなスタンスなんやもん。変やもんさん。そりゃあさぁ、ジダンとドリブル勝負!で負けるのならまだ諦めがつくよ、それがやでジダンとジャンケン!!で負け続けてみ、そらこうにもなるわ!!ほんでや、50回あいこが続いた後に負けてみろや、それがどんな思いか…。PK戦サドンデス1568人目で負けた!みたいな例もあるぞヴォケ!どうせどうせどうせ、少なくとも今がうまくいってる人には言って欲しくない言葉。悔しい。どうせとか言うて未来の憂いを抱えているか知らんけどや、そんなもんこっちかって同じやし、少なくともそっちは現状は良好やろが!は~あ、、こんなに愚痴ったけど、何も変わらんわ。なまじ生きていくしかないな…。なまじが暴れハッチャクにまで発展する確立…0%(過去の実績より算出)。ひねもすまでは一度だけいったことあるから、それを目指すかな。あるんかな、、生きてるうちに再ひねもす…。
 
~本日のピカ中さん~
説明しよう。「なまじ」はときに、賀寿麻呂のベクトルに向かって
「なまじ」⇒「なかんずく」⇒「ひねもす」⇒「あばれはっちゃく」と変遷を辿ることがあるのだ(HOOL氏談)。

異端児平井


パウエルと僕 | 【2006-07-31(Mon) 21:58:00】 | Trackback:(0) | Comments:(4)
次のページ