スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
527>一兎二兎
 昨夜は、25コンサルタントの飼っている兎が働いている兎小屋に行った。まぁ、総合的に普通だった。ほいで、結局切れ目さんからはヘンノッティン。たぶん、もう返事が来ることはないんだろうね、切れ目さんはきっちりフッてくれる誠意のある人間のようです。なので、しばらくは諦めないつもりでいましたが、切れ目さんのことは諦めることとします。これで、現在の群雌状況はさま~ず、ヲナニーさん、天使chang、バターさんとなりました。有力株は天使changやけど、それと同時に天使changは低確度な案件であることも確かだ。まだメールも一回しかしていないし、相手してくれるか定かではない。一度でもイイから一緒に呑みにでも行ってくれるかどうかが一次予選って感じだね。
 次の案件が欲しいなぁ。テキトーな女子その辺におらんやろか。勿論、バターさんと天使changには継続的に営業をかけていくけど、なにせ低確度やからなぁ。。まぁ、高確度という部分だけに注目すればさま~ずなんかが適切なのかも知れないけどね。メグミ2との仲を親密にし直すというのも一つの手段だろうか。むしろ、この際全放棄したろかな…。あかんわ。罠ビーやわ。Clitoridectomy!!!
 さて、簡単な話を言うとgo.comをしたいなぁと思うんだけれど(コモ君にも日頃の恩返しをしたいし)、どうやって開催するかってところが問題やなぁ。可能性が高い案としては、さま~ずにまた別のメンバーでやってもらうというのがある。さま~ずは前回、大学の友達と元バイトの友達のどちらを誘うかで迷っていた。で、双方に都合を聞いたところ双方共からOKが出たということだった。そして前回はたまたま元バイトの友達が来ることとなったわけ。っていうことは、大学の友達ともやろうぜ!という流れはさして不自然ではない。問題は、サッカー好きのさま~ずはW杯期間中はサッカーを見たいのでgo.comなんかしてくれないということと、さま~ずはもうすぐW杯のノリで独逸に旅立ってしまうということ。W杯終わってからだとかなり先になるしなぁ。。どないしよ。
 もう一つのgo.com開催案は、自らのアクションによって新規開拓するってこと。この際だから、『どこかでナンパした女子伝いにgo.comを開催してもらう手法』を確立させると言うのもアリだ。この手法さえ確立させておけば、kittyやらが首都に遊びに来るとなった場合に「来週に来るの?じゃあ女子の手配しとくわ。アキバ行くし冥途系ツンデレ女子で揃えとくね!」なんてことが可能になる。可能になるかな?ならんやろなぁ。。。
 ヲナニーさんやバターさんにgo.comを頼んでみるとこともできるが、それは多少リスキーだと思う。ヲナニーさんやバターさんは、どちらかというとgo.comによる女子GETの為のHUBではなくて、むしろ恋愛対象女子に属するからなぁ。それに、お二人とも年上だから(綺麗なお友達とかはもう結婚してたりするだろうし)go.comをしても超絶が来ることは少ないかも知れない。む!?そう言えばヲナニーさんとはgo.comしてるわ。go.comをして他にイイ女子がいなかったのでヲナニーさんと仲良くなったんだったわ。じゃあ、ヲナニーさんにもまたgo.com頼めるかもね。その際は、「コモ君がしたがってるからしてあげてくれない?」と言おう。卑怯な手かも知れないけど大義名分は非常に重要だし。それに、go.comができるんであれば何でもイイよね。

~本日のピカ中さん~
go.comは、目的ではなく手段!

異端児平井


スポンサーサイト
切目一般 | 【2006-06-15(Thu) 13:03:00】 | Trackback:(0) | Comments:(4)
526>次期戦線
 ふぅ、、あれから二日経ってずいぶんと落ち着きました。フラれた当初は予想外に凹んだけど、やっぱり早期決着にした分だけ立ち直りも早くできそうです。恋愛の二等辺三角形の定理やね(横軸を時間、縦軸を想い入れとし、恋愛の熱し冷めていく度合いを図式化した場合に、そのグラフの左右の近似直線の傾斜はほぼ等しくなるというもの、私の言うてること分かりませんか?)。切れ目さんの場合は、えらく先っぽのとんがった二等辺三角形だったってことだね。まぁ、また遊んでくれるんやったらMPR式に関係を続けててもイイかな、と思います。しかしまぁ、昨夜W杯で日本が負けたことを大義名分にしてE-Mailしたけどヘンノッティンなんだけどね。
 そうそう、皆さん口を揃えておっしゃるのが「次や次!」ということでおます。次って言ってもなかなか難しく、バターさんとは簡単に仲良く慣れそうもないし、ヲナニーさんさま~ずは今一歩(どちらかというとヲナニーさんの方がイイかな)、メグミ2とは長く連絡を取り合っていないしお互いの職業柄あまり会えない、他には誰がいたのかと考えてみる。必要とあらば群雌割拠に新たなメンバーをアサインしなければならないしなぁ。どうやってアサインするのかと言ったら…普通に考えたらgo.comかナンパか紹介くらいしかないよね。25コンサルタント主催予定の『兎狩り(go.comの一種)』はなかなか開催されそうにもないし無理を言うつもりも無い。自身で手配するにもコマが無い。キャバ嬢に金を搾取されるのはもう飽きたし。とか考えてたらイイ案が一つあったよ。天使changやな(kittyのコメントを見て思い出した)。思い出したが吉時ということで、早速オレは(また)W杯を大義名分にして天使にE-Mailを送ってみた。コモ君の調査結果によると、天使はなかなかのシレっと族でヘンノッティンではないもののイイ感じでE-Mailが続くことは少なく、お誘いにもテキトーな理由をつけて『忙しい』と断られるとのことだ。まぁ、ダメ元丸でチャレンジ!
 意外にも天使からの返信は早く、10~20分の間に2往復のE-Mailのやり取りがあった。あいにくオレも、切れ目さんの一件のこともあり、そんなにE-Mailをする気分ではなかったので相手のオヤスミ発言を最後に返信を止めた。そこまで悪くない感触はしたが、結局のところ誘ってみなければ真意(の一部)は確かめられないとも思う。コモ君の名誉を毀損するつもりはないが、コモ君の実績によると天使は今月の週末は『忙しい』とのこと。『忙しい』というのは便利な言葉である。オレも先日ヒロシを呑みに誘った際に『忙しい』とお断りをくらったが、実はヒロシは大人族とは遊びに行っていたという事象を基に考えると、『忙しい』という言葉は相手によって使い分けるということがうかがえる。
 重要なのは、その『忙しい』が「お前とは遊びに行きたくないから」なのか「遊びには行きたいけど、残念ながら他に優先したいことがありますねん」なのかということである。そう、いつもオレが言う通り、後者の『忙しい』であった場合には代替案の提示などがあることからそれを見極めることが可能だ。特に、代替案をいっぱい提示(いける日を提示するのではなくて、いけない日を提示するパターン)してきたバターさんなどは、確実にオレのことが気になっているということであろう。モテる男はつらいなぁ、全然オレ『忙しく』ないけどね。デートくらいしてくれんものかなぁ、天使chang。

~本日のピカ中さん~
次あるやんけや。なまじ。なまじな。

異端児平井


切目一般 | 【2006-06-13(Tue) 13:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(3)
525>連続憂丸
 ※本日二個目の更新です。このBLOGないしは昨日の出来事を読み、読者の皆さん達はどう思っているのだろう。さすがにオレも、読者にすらすがりたくもなるものよ(いつものことではあるが)。色々な声が聞こえてきそうだ、「ひきずってんなよ。」「中途半端やなぁ。」「よっ!悲劇のヒーロー。」「異端児こそ、万夫不当の失恋王よ!」「予想通りの結果だね。」「ニーハーヲ(以下略)」「PNしいよ。」「シャッとせえ!」「リサリサのように哀しみに浸る暇も無く立ち上がれ!」とか色々。そしてそれは同時にオレ自身が自分に言い聞かせている言葉でもある。オレが、他に類を見ない程にフラれ続けていることは周知の事実ではあるが、なんでこんなにもうまくいかないのか、自分の運命を呪うよ。呪われた人生やわ。オレ自身に、男子としてさして大きな欠陥があるようにも思えないし、どうしたらええねん。
 例えばオレが、禿げ、息が臭い(ξ)、超絶不細工、超絶デブ、暴力的、完全なる馬鹿、とかだったらフラまくって不思議ではない。例えばオレが極楽とんぼの山本さんみたいな人間だったら女子に相手にされなくても不思議ではない。でもそうじゃないはずやしなぁ、、、オレってそんなに悪いかな?悪くはないけど良くはないかな?「結構イイ人だったから、愛してあげても良かった」レベルなんかな…。イマイチぱっとしないんかな。。憂いは尽きない。
 時に、「あんな奴でも彼女いるのに(まぁ、彼女のレベルも相応やけど)。」とか思うときがある(こんなこと思っているからダメなのかな)。でも、こんな人なのになんで彼氏いないの?という人は少ない。その意味では切れ目さんは希少で、なんで切れ目さんみたいな人に彼氏いないんだろう?とオレは思っていた。ラッキー!とも思っていた。狙い目!!と思ってた。昨日ロッベンがGOALを決めるくらいまでは…。
 PNで挑んだはずだったのに、予想外に落ち込んでいる自分がいて驚きです。切れ目さんあかんかったらバターさんでエエやん、みたいに言うてた自分が信じられない。もはや、バターさんなど上の空状態やわ…おるず!なんでこんなに凹んでいるのかと考えてみるとね、えてしてそれは切れ目さんにフラれたということだけが理由ではないんだ。切れ目さんにフラという単なる一つの事実ではなくて、これまでの積み重ねというのがオレの心に影を落としている大きな原因となってる。なんでこんなにやってるのに一回もうまくいかんねん、ってこと。実際、昨夜はかなり落ち込んだけど、頭の中をぐるぐる回ってたのは過去の経験のことが多いし、過去をオレをフッた人たちの言葉でもあった(まぁ、メグミなんだけどさ…メグミのことはオレの心の中で随分と小さくなってはいるものの、まだまだ他の事象に比べたら大きいねん、オレの中の放射性廃棄物)。
 5年連続でフラれ続けている残念さは、ロト6を半年連続で外してしまっていることなんかとは比べ物にならないくってさ。「次があるさ。」と言って毎回のように未来を見ようとするけれど、失敗の数だけ過去のトラウマ的なものがどんどん積み重なって、フラれたときに受ける打撃が乗算的にキャリーオーバーしてしまってる。その分、彼女ができたときの喜びもキャリーオーバーされているかも知れないと思ってがんばってたけど、そろそろ疲れた。キャリーオーバーも限度額まで達してしまった。
 加えて、最近ではそこまでは好きではない人とは付き合いたくないと思うようになってしまってるし、ヲナニーさんとかマルイチさんとかさま~ずとかメグミ2とかに告白しなかった(していない)のは、決してオレがヘタレなわけではなくって、そこまで超絶ではないってことやねん。あの一件以降で超絶に位置していたのは、切れ目さん、ミカショー、丸井さん、強いて言えばパトラ、くらいのところだと思う(うち二人はほぼ一目惚れという軽率さ、パトラに到っては外見と声くらいしか知らない)。だから今回は切れ目さんに告白したわけで、キツく傲慢な言い方をすれば、それ以外の女子はギリギリのところではあったが告白するには値しなかったというところだろうか(告白してもフラれていた可能性は高いが)。。なかなか『合う』人って少ないのかなぁ、、それとも理想が高すぎるのかなぁ、、『合う』と思える人に出会えたとしても、またフラれそうやし…。こんなことでは、結婚なんか奇跡やわ(いや、結婚にこだわっているわけではなくって、大切な人と愛し愛されてずっと一緒に生きていきたい、それだけのこと)。

~本日のピカ中さん~
考えてる暇あったら次を模索せえ。出会いを求めろ。

異端児平井


切目一般 | 【2006-06-12(Mon) 22:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(4)
524>予定調和
 切れ目さんって坂下千里子みたい、みょぺろり。はぁ、主要な読者の皆さんには既に報告致したけれど、ダメでした。果たしてオレは読者の期待に応えたのかそれとも裏切ったのかは分からないけど、少なくとも自分自身の期待は裏切ったね、むしろ裏切られたとでも言うもんかね。フラれたわ。今回のこの結果を基に考えると、早期に答えを求めたのは英断であったと思う。なまじ何回もデートを重ねた上でフラれていたらもっと落ち込んでたと思うし、途方に暮れていたと思うから。なぜそう思うかと言うとね、切れ目さんの言い分は「今、気になる人がいて。。」ということだったからなんだ。タイミング的なもんかなぁ、、オレに魅力がないのかとも思うよ。オレにその切れ目さんが気になっている人よりも魅力があればよかっただけの話だし、気になっている人がいるっていうのもオレをフル為の大義名分で、実はオレに魅力が無かったから付き合いたくなかったのかも知れない。ま、こんな詮索をしてもどっちにしろ切れ目さんは付き合ってくれないんだけどね。
 切れ目さんのことを悪くは言いたくない、むしろ良く言いたくて。切れ目さんのお断りの仕方は極めて素敵であり、なるだけオレを傷つけないようにしようという思いが強く伝わるものだった。昨夜の呑みデートの内容は詳細にわたっては記述しないけれど、重要なのはオレが如何なる過程を踏んで振られたかということ。バリラックスで美味しい料理とお酒を呑んで(やはりSinghaはそないに美味しくなかった)二人が次に向かったのは、W杯が見れるBARだった。ま、HUBと言えば結構有名なBARなわけだ。そこで、オレにとってオランダの選手「ロッベン」のGOALは忘れられないものとなった。GUINESSで乾杯を済ませた後、オレは「告白しよっかなぁ。」とは思いつつもなかなか、「あのさぁ。」この一言が出ない。そんな折のロッベンのGOALだった。ロッベンのGOALの後ハーフタイムになり、それに触発されるようにオレはこう言った。「切れ目さん、結構オレ…(2秒)…切れ目さんのこと気になってて…(※)…付き合わない?」(本来、(※)の部分には「気になってるってどういうことか分かる?好きってことだよスゴイね!オレ、正直言うと切れ目さんの顔がすごくタイプでスタイルとかも。でもこの前呑みに行って切れ目さんの外見だけじゃなくて内面にもかなり惹かれてるねん。現状で切れ目さんを一番愛せるのはオレやと思うし、そんな切れ目さんと付き合えたらイイなって思う。切れ目さんもオレと付き合ったらきっと幸せになれるはず。だから」という言葉が入るはずだったけど、省略してしまった。)
 切れ目さんは応えた。「ん゛、、ん~ん。…(この間1秒くらいだったんだろうけど、10秒くらいに感じた)…今、、気になってる人がいて、ごめんなさい。」切れ目さんがそう終わるか終わらないかのうちにオレは「そっか、じゃあ仕方ないね。」と言った。切れ目さんは「仕方ないっいっても、、、ごめんね。」と、すごく申し訳なさそうな顔をするので、オレはなんとも居た堪れない気持ちになった。ウッと胸が締め付けられるような気がした。いつものように下腹部の血流が良くなることは一切なかった。10分とも思えるような告白Timeはわずか1分程で終了し、オレはまたオランダの華麗なプレーに話題を戻した。そしてこれ以上の長居は無用と思い、切れ目さんのGUINESSのグラスが空になるのを見計らってBARを後にした。BARに入る前にザーザーと降っていた雨は止んでいたけど、オレの心の中は稀に見る豪雨だった。。そして新宿駅でオレは「今日はありがとう。どうも。」切れ目さんと別れた。顔は笑っていたつもりだったけど、もしかしたら哀しさが切れ目さんに伝わってしまったかも知れないと思う。
 電車の中でお礼のE-Mailを打って、返事も来た。「ほんとにごめんね。異端児君は誠実だしまだ若いから、きっとステキな人が現れるよ。」的な内容だった。オレは、いつものように「テキトーなこと言いやがって!何の慰めにもならんわ!!」と思うこともなく、純粋に切れ目さんから誠実だと言われたことが嬉しかった。嬉しいようで哀しかった。電車を降りて、家に帰る途中で涙がポロリとこぼれた。「またかぁ。。」という気持ちと、「どうやって読者に報告しよう…。」という気持ちと、「次がないなぁ。」という気持ちと、「もうしんどいわ。」という気持ちと、「明日はまた月曜か…。」という気持ちと、「切れ目さんのこと忘れられるかなぁ。」という気持ちが相まって一粒の涙になったんだと思います。
 それから部屋に着いてからはまた、いつものように卑屈になってしまって、オレが人を好きになってももはや『無駄』なような気がしたり、過去に同じようにフラれたことを思い出したり、そのオレをフッた人が言ってたテキトーな慰めの言葉を思い出してしんどくなったり、オレの代わりにラーションと柳沢は本当に活躍するんだろうかと思ったり、もうダメだと思ったりしてたらいつの間にか眠っていた。夜中に何度か起きたけど、気がついたらまたいつもとほぼ同じの月曜の朝。ほぼ同じ月曜と、ほぼ同じ一つの結末、ほぼ同じことの繰り返し。同じことの繰り返しか…。生きてる意味ないなぁ。

~本日のピカ中さん~
またか。もう死ねば?

異端児平井


切目一般 | 【2006-06-12(Mon) 12:52:00】 | Trackback:(0) | Comments:(1)
523>決戦前夜
 はい、ついに明日ですよ~。切れ目さんに告白。そんなに気合が入ってるわけでもなく、憂いまみれになってるわけでもなく、特に作戦もないし、PNPN丸や。切れ目さんとメールでやりとりをして呑みに行くお店は決まったけど、それ以外はNO PLAN.アドリブ&タイミングの勝負となるでしょうね。切れ目さんに告白するのは、正直まだ早いと思うけどさ、そんなにまだ仲良く無いしさ。それでもまぁ、お試し期間的に付き合ってから仲良くなるってのもアリかと思うわけだ。付き合ってみるのか、それもイヤなのかハッキリせえ!ってことだね。とりあえず、気になってるっていう気持ちを伝えるのは悪いことでは無さそうなので、気持ちは言葉で伝えてみようと思います。
 こんなことを言いながら、「やっぱタイミング掴めなくて、そういう雰囲気でもなかったから告白は延期にしたわ。」なんて言いそうな気もするけど、そんなことになったら読者達から嵐のような罵声を浴びされるだろうね。勝手にさせ!!!HONMA!!切れ目さんと付き合いたいってのは偽りの無い気持ちやしね。全てはあのプルプル唇を奪うために!気持ちには余裕が有りマス。
 そうそう、呑みに行くのは横浜にしようかと言ってたんだけど、結局新宿で呑むことになったわ。ほんで、切れ目さんのナイス提案もあって、「バリラックス」というバリ料理のエエ感じの店にいくことになりました。どうやらアジアンBEERフェア的なことらしくて、オレは是非Beer Singhaを、そしてBeer Chang(象)を、やね。きっと切れ目さんと呑むSinghaは美味しいんだろうなぁ。Singhaが旨い!とか言い出したら、(酒に、クルンテープに、切れ目さんに)酔うテル!!ってとこですね。切れ目さんもお酒いっぱい呑んでくれたらイイな~。とは言っても、切れ目さんは焼酎の二杯や三杯で酔うような人じゃないけどね。ぴょむ!さ~てさて、どうなるんでしょうね。

~本日のピカ中さん~
当たるも八卦、当たらぬも八卦。『八卦』ってなんやねん!!

異端児平井


切目一般 | 【2006-06-11(Sun) 00:12:00】 | Trackback:(0) | Comments:(3)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。