スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
448>不意如意
 クイズ年の差なんて!!NGワード、ピロン!『はとバス』。いやぁ、まいったね。昨日は酔ったよ。うん、暇があるって怖いもので、マルイチさんを呑みに誘ったんだよね。部屋にずっといても勉強しかすることないし、寂しいしね。で、昨日はオレの気持ちがBNモードってこともあって落ち着いた店に行くことになったの。デート仕様だね!!最初にラーメン屋で腹ごしらえしたのさ。ラーメンはマルイチさんが奢ってくれた「次の店は異端児君お願い。」と言われて、「したたかやなぁ。」と思ったけど、まぁ殆どオレしか酒は呑まないのでMPRって感じです。えっと、ラーメンは旨かった。ラーメンを食べる際に、マルイチさんはスーツが汚れるのを危惧して上着を着替えたのだけれど、上着を着替えるその瞬間をオレは見逃さなかった、「ノースリーブキター!!腋ぃぃ!!」。萌え死にます。で、マルイチさんは「異端児君が学ラン着て来てくれたら、お持ち帰りしちゃうわ。」などとガキなオレをからかうような発言をしたので、「普通逆やろ、でもまぁ三十路でセーラー服は犯罪やわなGHH。」とオレは言った。マルイチさんは、ちょっとからかって怒らせると可愛い。
 次にマルイチさんが連れて行ってくれたそのデート仕様の店は、まさにデート仕様だった。ガラス張りのエントランスに、お洒落な内装。座席はソファーでエロかった。ほんでまぁ、いつも通り男と女にまつわる話を色々としたんだ。すごいねぇ、やっぱマルイチさんは経験も豊富やし、大人の女性だわ。男子と女子って感じじゃなくて、男性と女性って感じの話をするもんね。年相応っていってしまえばそれで終わりなんだけどさ。男女関わらずだけど、色々な人間がいるなぁと思った。マルイチさんは中高大学と女子校で、最初の職場もそんな感じだったらしい。だから、Debutは遅いんだって。一番遊んだのが24,5歳のときって言ってたかな。オレとよく似ているなぁ、なんて思いながら、「オレはこの先どうしていくんだろうか。」とも思った。
 オレも、今から思えば思春期時代にもっと恋愛とかSEXとか遊びとかしておけば良かったなって思う。勿体無い青春の過ごし方をしたよ。だからなんか、嫉妬してしまうんだよね。高校生のときとかに甘い経験をしている人たちに対してさ。特に、自分が好きになった人がそうだった場合とかさ。オレにとって初めてのことが、その人にとっては慣れっこで、その人にとってはそんなに大きなことじゃない。それがなんか悔しい。まぁ、マルイチさんのレベルまでいけば、ただオレがガキなだけやなぁと思えるけどね。だから、オレにはやっぱり年上(気質)の女子の方がイイと思うわ。はぁあ、世の中には羨ましい人が溢れているよ。嫉妬丸は、醜いよね。。マルイチさんは言ってた「だから異端児君も、これから先色々な女性と関係をもって(SEXっていう意味だけじゃなくて)、色々な経験ができるようになれば、それでイイじゃない。まだ遊ぶにも遅くないよ。」って。そうだよね。ありがとう。
 どうやらオレは奥手らしい。ことの始まりに対してはビックバンを起こせるけど(例えば、電話番号を聞いたり、デートに誘ったり、話しかけてみたり、といった初期アプローチ)、女性との関係を発展的に進めていくことに関しては奥手らしい。特に、性的関係については。まぁ、SEXが最終目標ではないというのも大きな理由の一つではあるけれど、「普通だったらするよ。3回目のデートで何もなかったら、その先も何も無い確率が高いんじゃない?」ってマルイチさんが言ってた。マルイチさんとのデートは昨日で4回目だった…。オレにはその台詞が、「23歳で女子と付き合ったことも無いんだったら、この先も何も無い可能性が高いんじゃない?」みたいに聞こえて若干凹んだ。メグミ2とはどうなんだろう。もうデートは3回くらいはしたと思う。この前が3回目だったとして、、、「膝枕をして、腕を組んで帰った。」、、これは『何かあった』の中に入るのかなぁ。。。オレの見解からいくと、それは物凄く大きいことだったんだけど。。。
 それから、マルイチさんと「携帯電話メモリー消去大作戦」をした。オレの携帯電話メモリーの中にある「なまじ女子」を片っ端から消していこうと言う企画だ。オモシロイ!!発案はオレだ。合計で20件以上消したかなぁ、、キャバ嬢から、一度会っただけで返信をくれない女子達、中には稀だけど「こいつ、、誰でしょう。。」というのも数人いた。当然のことながら、つい先日まで群雌割拠に所属していたパトラ・婦女子・スミス・Hina changに対しても同様の処置を取った。致し方ない。どうせオレから連絡しなかったら、連絡って来ないんだものね(でも、世の中の多くの人は自分から連絡することは少ないという。好きになってもらってから自分も好きになるんだって。楽な恋愛しやがって。オレは逆に、自分から好きになった人じゃないとダメだわ。。。まぁ、すぐに好きになれるからイイんだけどさ…。しかし、最近はそうでもないんだよね。。)そう、オレは奥手。損してるかもね。。あ~ぁ。。好きな人に彼氏がいて、ただ単に普通のしょーもないSEXをえいてるってだけで、オレの心をえぐるには十分すぎるよ。いきなり話が変わってしもたね、ゴメン。
 そうそう、マルイチさんは毛が薄いらしい。うん、毛が薄い。他意はある。そうらしいんだ。萌え萌えだね。ここまで言うと叱られそうです。でも、「毛が薄い」とは言ってた。実際に見たもん!(腕をね)処理してないらしいけど、ツルツルやったわ。ガレサステップ!!結構マルイチさんは肌が綺麗なところもポイントだ。もし伊東美咲の肌がブラマヨの吉田みたいだったら…勃起するかどうか定かではないもんね。肌が綺麗ってのはポイントを押さえていると思う。ツリュツリュ!!ここで余談、人間の心と体ってうまくできているもので、やっぱり繋がっているんだね。例としては、失恋のショックで体重が4kg減ったり、離婚のショックで陰毛に白髪が生えたりするらしい(これはあくまで余談であり、あくまで一例です。)こわいねぇ、、まぁ、心が立ち直ったら、それも大丈夫になるらしいんだけどね。えらい話やで。
 そうして、マルイチさんとの楽しい一時も終わりの時間が近づいてきました。店を出て、ホロ酔いでイイ感じ。マルイチさんとの距離も、いつもよりちょっと近いです。体と体がくっついてるくらいの距離。マルイチさんが腕を組んできました。いやらしい!!ドキドキしちゃうよ、、僕、ガキなんだから。。と思いながらも平素を装って、マルイチさんの家の近くまで送っていくことにしました。帰路の途中、ベリアル君からE-Mailがきたので、携帯を操作する為に組んでいた腕を一度離しました。ほんで返信をして、また歩き出そうとしたときに、オレはマルイチさんの腰に手を回しました。マルイチさんも同様にしました。ふと二人の目が合って距離が近づきました…。≪接吻したい…≫オレはそう感じました。マルイチさんも≪え?しちゃうの。ドキドキ≫としていたと思います。しませんでした。でも、その後のドキドキは、家に帰るまで続くことになります。
 オレが乗る的士(Taxi)を待っているときにマルイチさんは言いました。「いつKissしようか迷ってる?」「いいえ。しましょうか?」「異端児君もって行きかた下手だなぁ、さっきがチャンスだったんだよ。」、≪知ってるわい!≫そんなに簡単に接吻とかしちゃダメだ、しかもマルイチさんとだよ。オレはそう思っていました。マルイチさんはしたかったのかも知れないな(オレもだけど、そりゃさ酔ってたしさ、ある程度綺麗な女子とだったらしたくもなるよね)。ふぅ、無事的士に乗り終えて、オレはE-Mailをしました。「ドッキドキやったわ!」みたいな内容。返事が来ました「惚れやすい異端児君に♀扱いされるよりも、私に少しでもオトコを感じさせた異端児君の方が価値あるよ。自身持ってイイと思うよ。」だってさ。接吻は次回におあずけのようです(お互いね)。してたら、、どうなってたんやろ。。たぶんHotelに行こうってことにもなり得たと思うし。。みゃぁ!!!(啼いて誤魔化そ…)みゃぁ!!

~本日のピカ中さん~
みゃぁ!!!ってアフォか!

異端児平井


スポンサーサイト
境遇の一致 | 【2006-03-03(Fri) 12:55:00】 | Trackback:(0) | Comments:(5)
445>丸一饗宴
 こんにちは、異端児平井です。昨夜はマルイチさんと呑みに行ってました(マルイチさん、って普通に変換したら丸井地産になるからウザイよね)。まぁ、前回にも申した通り、マルイチさんとはお互い恋愛対象外なわけですよ(←マルイチさんの喋り方を真似てみた)。だから、境遇の一致ということもあって、オレからしたら良い相談役のオネエサンなわけですよ。とは言っても、マルイチさんの話もいっぱい聞かせてくれるんだけどね。ほんでや、まぁマルイチさんといたら男女の話しかせんわけですよ。エロトークありの、ドロドロトークありの、悲哀トークありの、そんな感じなわけですよ。恋愛の先輩やね、マルイチさんは。ただ、オレが30歳になったときに同じカテゴリーに区分けされるってのはイヤだなぁ。。。マルイチさんも、「異端児君はがんばって!」と言いつつも、「こっちの世界にいらっしゃい」という目をしている。
 そうそう話がそれるけど、マルイチさんと待ち合わせのときに電話したんだよね、やっぱちぃ様に声そっくりやわ。骨格が似てるから声も似るのかな。ちぃ様よりマルイチさんの方が確実に擦れているけどね、GHH。こんなこと言ったら叱られちゃうよ!エヘ。それでや、マルイチさんが昨夜しきりに言ってたのは「もったいないわぁ、、異端児君。」ってことだった。「私が今20歳ならね~。」とか言ってた。勿体無いというのは、それはオレがイイ男と言ってくれている意味もあるけど、もっと強い意味では「おいよ、もっとうまいことやれよこのヴォンクラ男!しょーもない恋愛引きずってんちゃうぞヴォケ。そら、イイ女も寄ってこないわけだ。」ということだった。マルイチさん辛口だよね!まぁ、色々な恋愛をして色々な思いをして色々な男を見てきたから言えることなんだろうな。
 そういうわけで、マルイチさんとお別れした後は(酔ってたということもあって)ちょっと気分が沈んだけれど、楽しい酔い宵であったことには間違いない。マルイチさんも楽しんでくれたようで(そりゃそうだ、あんなに笑かしたんだから)、また呑みに行こうと言ってくれているので、マルイチさんの再就職が決まった暁には、美味しいものでも奢ってもらおうと思います(昨夜は僕が奢ったからね)。これからのオレの恋愛の為にも、マルイチさんに試食してもらっとく、ってのもアリかもね。セクース!!「セクースは、同じ人とやり続けた方が上手くなるよ。」って言ってた。馬鹿らしいなぁ。マルイチさんはそこそこ経験も多いからイイよね。ぷ~ん。マルイチさんには、勿論メグミ2の話もしたんだけどさ。「随時、進捗状況を連絡するように!」と命ぜられました。進捗したらイイんだけどね。。他の多くの群雌割拠みたいに、いつの間にかフェードアウトしちゃうって可能性も無きにしも非ずなんだからさ。しょぼんぬ。

~本日のピカ中さん~
先人の話はためになるなぁ。

異端児平井


境遇の一致 | 【2006-02-28(Tue) 12:41:00】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
434>舞編式呑
 ヴァレンタイヌズDayを、皆さんは如何お過ごしになられたでしょうか?クソアベックどもは、会う必要も無いのに(会うなら週末でイイのに)風潮に流されてお惚気ぶりを発揮したのでしょう。雨ニモ負ケズ、風ニモ負ケズ、「バレンタイン?平日やし、当日じゃなくてもエエやん。それに当日はどこも混雑してるから、平日に会うにしても別の日にしようよ。」「そだね、オッケー!。」そんなマイペン式アベックに、私ハナリタイ。と言うわけで、オレは韮饅頭を一つももらえなかった…。勿論チョッコレイトも皆無丸!そんなオレが何をしていたのかと言うと(え!?異端児ごときが特筆すべきことしてたの?!そんなまさかなぁ…)、そのまさかである。
 マルイチさんと食事した。WAO!!と驚くのは待ってくれ。ヴァレンタイヌズDayやから会ったわけでもなんでもないんだ。ただ単に、平日に時間が合ったから食事したの(それはそれでナイスやねんけどな)。まずは次に示す昨日のメール内容を確認いただきたい。オレは昨夜の帰宅時にマルイチさんに一通のオツカレMailを送っていた、内容は特筆すべきものではない。マルイチさんから返事が来たのはそれから約一時間後、「今日も面接だったよ(マルイチさんは転職活動中)。時間が合えば食事にでも誘ったのになぁ、残念!」みたいな感じだった。オレはそのときもう食事を済ませていたので無念だった。
 ほんでまぁ、メールは続いて、「今週はもう面接無いんですか?時間が合ったときに食事しようよ。時間が合ったとき、ってイイと思う。」とオレは言った。まぁ、皆さんに分かりやすくいえば、「マイペン式で呑みに行こうぜ!予定をカッチリ決めたって仕方ないじゃない。」ってことね。それで、「そうね、そんな感じイイね。ガード下みたいなとこ行ってみたいな。」とマルイチさん。へむほう、これは有楽町超絶ガード下で決まりやな!!とニヤつく異端児。結局、面接後マイペン式呑みに加えて、週末ガッツリ呑みもイイね!ってことになった。週末はなかなか時間が合いにくく、お互い予定が詰まっていることもあって、3月中旬を目処に呑みに行こうということになった(まぁ、この3月中旬予定も「予定は、日が近くなってからまたちゃんと決めよっか。」的な感じやしマイペン式といえばマイペン式です)。
 そんなこんなのやり取りがあって今日の昼過ぎ、マルイチさんからのお誘いが来ました。「今日、急遽面接の予定が入ったんだけど、メシする?」みたいなね。単なるお誘いにも、マルイチさんの心遣いはあったよ。「今日はヴァレンタイヌズDayだけど迷惑じゃないかな?」って内容がちゃんと書かれてたよ。ナイスだね。これで分かると思うけど、今日マルイチさんと呑みに行ったのは完全なるマイペン式なんです。ヴァレンタイヌズDayとは全く関係が無い。っていうかね、チョッコレイトを渡すつもりだったらさ、普通は一週間前、少なくとも前日には予定を決めておくよね。「今日の夜暇?チョコ渡して告白したいねんけど。」みたいに言われたらビビるわ!
 で、問題は実際に呑みに行ってどうやったか、ということやな。それはやなぁ、、、。それを話す前に皆さんに謝らなければならないことがある。それは何かと言うとやなぁ、オレはマルイチさんと呑みに行ってないねん。えとね、正確に言うと『まだ』呑みにいってないねん…。つまりやなぁ、、、これから呑みに行くところやねん、GHH。先走りで更新しちゃった、エヘ!!
 ただ一つ(これは嬉しい悩みのような、なんだろう?)非常に重大な憂い事がなぁ、、現時点ではやっぱりメグミ2の方が好きやねんなぁ…。あんまりマルイチさんと仲良くなりすぎてはいけないのかなぁ…。オレは「なまじ提供者」にはなりたくない!!断じて!!オレは、自分がされて辛かったことをマルイチさんには絶対したくないねん。現状、判断しかねるわ。どうよ、みんな。

~本日のピカ中さん~
色々な女子に手を出すには多少のリスクを背負えよ。

異端児平井


境遇の一致 | 【2006-02-14(Tue) 20:10:00】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
430>酷似告示
 マルイチさんとちぃ様が、やっぱりなんか重なって見える。えとね、体型でしょ、身長、髪型、切れ目の一重、声、オネエサン気質、一人でも生きていけそうな雰囲気(実際は断じてそうじゃない)、落ち着いたファッション、とかね。仕事への取り組み方も似てそう。マルイチさんは昔、不動産の営業Womanでバリバリ働いてた。店長とかにもなって、仕事仕事やったんじゃないかな。ちぃ様はちぃ様で、人材系のバリバリ営業Womanやってるしさ。似てないところは、マルイチさんはお酒をそんなに呑まないところかな。マルイチさんは、オレに似てるんだか、ちぃ様に似てるんだか、よう分からんなGHH!
 ところで、マルイチさんはメールは好きだと言ってたけど、どの程度なんやろう。。間違いなくオレみたいなメール族ではないやろし、毎日メールしてもエエんやろか。今はまだ、比較的早い段階(5往復とか)でメールが収束に向かう感じ。ほんでマルイチさん、オレよりも早寝早起きっぽいしね。マルイチさんはこの春に仕事をやめちゃうみたい。だから今、就職活動中やって。独り身になったから楽チン低収入の事務職は辞めるんだってね。新しい職場に、イイ男性がいるとナイスやね~。それは十分に有り得るわ、マルイチさんはなまじチヤホヤされるタイプやからな。悲しいかな『なまじ』なんだけどね。『なまじ』が分かる女、マルイチ!『なまじ』が分かる男、異端児!みたいなね、、とほほ。そう言えば、マルイチさんとちぃ様は似てるけど、kittyと織田裕二は似てないよね。兵藤ゆきに似てるよね!
 マルイチさんとも仲良くなりたいし、でも仲良くなりすぎて恋愛が拗れるのはイヤやなぁ。。マルイチさんが、そういえば言うてた。浮気はしてはいけないけど、お互いが№2同士で楽しくするんだったらイイかもね、って。オレはそれにもう一つ付け加えるわ。お互いが№2、それに加えて、お互いのパートナーにバレないこと!!そう、それこそ拗れるからね。恋愛は自由だ。自由だよ!その代わり、リスクも自分で背負うんだ!!

~本日のピカ中さん~
兵藤ゆき萌え!!萌え萌え!!前髪萌え!!

異端児平井




境遇の一致 | 【2006-02-08(Wed) 21:03:00】 | Trackback:(0) | Comments:(4)
428>慣用問題
 おいよ異端児、もう惚れた?なんて思う読者も多いんだろうと思う。だって、いつもの流れでいけば、とっくに惚れてる頃だもんね。でもね、オレは出会って4日の女子とイキナリ付き合ったりはしないよ。ねぇ25君、GHH。マルイチさんやオレは、「惚れた者負け」であったり「惚れた弱み」みたいなことをよく分かっていて、それでも惚れるタイプなんだろうね。しょぼんぬ。今回のマルイチさんとの関係については、オレはいつもより慎重派だよ。うん、慎重派、間違いない。確かにこの前デートしたし、その後もメールしたりしてる。ただね、恋仲になるのかどうかには慎重な判断が必要だと思うんだ。そりゃぁ、『境遇の一致』ってことで「深い仲」になることは良いのだけれど、恋愛の拗れが原因で「不快仲」になってしまってはお互いに不利益だし、悲しいもんね。
 そういうわけで、慎重派なんだよ。今回は。あまり言いたくないことだけど、マルイチさんの年齢のこともあるし(オレが年上がイヤだってわけじゃなくてね、あくまで年齢差って意味で食い違いの発生も予想される、ってことね)。マルイチさんもたぶん、もはや慎重派になってる部分もあるだろうし、オレに対しても「年上のオネエサンをからかわないでよね…。」とか思ってるかも知れない。一方でオレも「オネエサンからしたらオレなんて子供過ぎるでしょ…。」と思っている部分もある。なんて臆病なんだ!(←勝手に言うてるだけやけどね。)まぁ、そんな感じだよ。
 年齢差みたいなことよりも、もっと肝要な問題がある。オレの現状での本命がメグミ2だってことだ。たしかに、まだマルイチさんのことは良く知らないから、今後の展開によっては逆転も有り得るよ(とか言って、メグミ2のこともそんなに知らないオレ、こんなこと言ってたらきりが無いな。逆転なんていつでも有りうるわ、離婚が有り得るんだから)。しかしなぁ、メグミ2がいるのに、『なまじ』仲良くなってしまったら、それこそNAMAJI!!やろ。すごく偉そうな言い方をするとや、変に(なまじ)惚れさしてしまったら可哀想やろ、ってことなんだけどね。なまじに惚れることの辛さをオレは知っているから、そういう想いは誰にもして欲しくないしね。それからや、メグミ2のことなんかより、もっと肝要な問題があってやな。。それは、オレがまだリハビリ中やってこと。

~本日のピカ中さん~
なんだかなぁ。人生はノリとハズミやぞ!

異端児平井


境遇の一致 | 【2006-02-07(Tue) 12:42:00】 | Trackback:(0) | Comments:(3)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。