スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
528>同一心境
 日曜日に切れ目さんにフラれてから早5日、本日はもう金曜日です。やさぐれていたこの5日間を思うと、意外に凹んでいたような凹んでいなかったような気がする。ただ、フラれたこと自体よりも、フラれたことが起爆剤となってオレの心情をBNとさせていたことは事実だ。それは他でもなく、過去とこれまでの経験、そしてトラウマ的事象から来るBNだった。実際の話(これは当初は書くべきではないと思ったが、書かないことはこのBLOGの存在意義と価値を薄れさしてしまうので書くと)、フラれた日も、切れ目さんのことはそこそこにメグミのことをずっと考えていた。メグミが美化されている、そんな気もしたけど、兎に角フラれたのが原因で一番考えてしまっていたのはメグミのこと。ぐぅ。
 メグミほど仲良くなれてオレに魅力を感じてくれる人は現れるのか?これはこれから先ずっと続くであろう命題だけど、そんなことや色んなことを考えていたわけ。以前に言ったように、切れ目さんやミカショーに代表される賀寿麻呂な部類の女子達との出会いは僅かながらあった。しかし、その人たちと真に心が通じ合うことは(ほんの一瞬さえも)無く、深い関係とは決して言えるようなものではなかった。切れ目さんのことが好きだったのは事実だけど、その程度はまだまだ賀寿麻呂ではなく「山本梓たまらんなぁ。結婚したいわ。」と言っているのの延長線でしかなかった。
 もはや、女子と仲良くなる機会というものは、付き合ってからにしか用意されていないような気もする。となると、『付き合ってみたらエエ』という案の採用が英断となるのかも知れないけど…好きやけど賀寿麻呂ではなく、これから超絶仲良くなれる可能性が見えてこない人と付き合って、うまくいくもんだろうか。それでもやはり、そこに賭ける(付き合ってみる)べきなのだろうか。付き合ってみるとは言っても、またどうせフラれるんだろうけど(50%の確立で)。
 人生においては、タイミングが大きな要因となる。これはオレや他の読者も口をすっぱくして言ってきたことだけれど、タイミングというものは本当に恐ろしい。実は言うと、水曜日の夜、オレは部屋に帰ってきてBNBNで…メグミに電話をかけ…かけた、、かけたのではなく、かけかけた。あとは発信のボタンを押すだけのところまで来てやめた。やめて正解だったと思うし、よく我慢できたと思う。その代わりに、オレはお友達にE-Mailをした。付き合ってくれたお友達ありがとう。
 タイミングというのがかくも恐ろしきものだと分かるのは、それから一日経った昨日(木曜日)の24時頃だった。それは、W杯イングラン戦を観戦するか否か迷いつつ、ウイイレにてスミスGOALを量産している最中だった。『TNT! I'm a Dynamite! TNT!』と携帯のE-Mail着信音。オレはコントローラーを置き、携帯を手に取った。E-Mailの差出人は…。

~本日のピカ中さん~
フィクションなので、この先は皆さんの想像にまかせます。同じ気持ち…か。

異端児平井
スポンサーサイト


俗世の秘密 | 【2006-06-16(Fri) 12:54:00】 | Trackback:(0) | Comments:(4)
コメント

恋する気持ちが発生するには
三つのingが必要
2006-06-17 土 23:06:00 | URL | tkr #79D/WHSg [ 編集]

DECOとななみって似てない?
2006-06-17 土 23:35:00 | URL | tkr #79D/WHSg [ 編集]

両方ともオレの好きじゃない選手やわ。
2006-06-18 日 02:25:00 | URL | itanji726 #79D/WHSg [ 編集]

ヤナギとケイノは似てる!
付き合ってみたらエエやん!オレにも言えることやな。。
2006-06-18 日 17:51:00 | URL | kitty #79D/WHSg [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する