スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
536>野暮休養
 本日は野暮用を休んだ。スウェーデンがW杯敗退したショックとデビッドの超絶フリーキックにExcitedしたのが原因か、体調を崩したからだ。まぁ、無理すれば野暮れたけど、ダルかったんやもん。野望用がヤヴァイなぁ、野暮のくせに。さて、女子の話題に戻してと…明示的には言ってなかったと思うけど、この停滞した群雌状態の中ではやはりバターさんが超絶最上位に位置し、戦乱を掌握している。『もはや群雌ではない』(1956年(昭和31年)経済白書より)とは有名な言葉ではあるが、この一年近くの群雌割拠を通じてオレの心境にも変化があったように感じる。
 当初、群雌状況を構築した目的は「下手な鉄砲も数撃てば当たる」的なところと、「メグミ To The 忘却」という二つの意図からであった。とりあえず次を…過去を払拭するために誰かに恋したい…これが群雌初期における心境である。群雌割拠も中期に差し掛かると「両方捨て難い」の法則が作用し、とりあえず色々な女子と仲良くしてみるといった行動が見られるようになった。本来のプレイボーイであれば、その全員に惚れさせて、女子を手中に収めてからじっくり選り好みをしたであろう。ところが、オレの場合は逆に全員のことが少しずつ好きになってしまって自らをイングリモングリ状態に貶めてしまっていた。
 そんな中、『ヘンノッティン理論』やそれに順ずる『代替案理論』、そして以前から研究が進んでいた『なまじ理論』に『過去の恋愛を忘れるには次の恋愛をするのが一番だけどそれがなかなかできないから困ってるんヤンカー理論』などがほぼ確立され、加えて『異端児は意外と奥手説』、『メグミ2はオレに気があったのかも説』、『ポンロクは泰国 The 治外法権説』、なども次々と提唱されることとなった。
 群雌中期で得た経験と、そこから学んだ女子の心境を読み解く術(習得はしていないが)を活かし、オレは次のステップに進むこととなる。それは結局群雌初期の目的とよく似たところに戻ってくることで、「彼女を作ろう」という初心を思い出したことに通ずる。そこからオレは女子と遊ぶごとに「将来的に彼女になる可能性」を考慮し、それに伴った行動や言動を心がけた。しかしながら、また一つここで大きな問題にぶち当たることとなったのだ。それは、彼女になって欲しいと思える程惚れられない!という最も肝要な問題であった。
 これまでのオレの場合、「惚れる」という感情の動きに関してはいとも簡単に成功させてきた。ときにはそれが問題となり、惚れすぎるが故にフラれ過ぎるといった現象すら誘発させていた程である。そんなオレが「そこまで惚れなくなる」という心境になり、当初の大前提は音を立てて崩れ去ることとなったのだ。惚れないことには始まらないのに、、こんな単純なことすらできなくなってしまった。。。どうしよう。
 そんな群雌の停滞(手痛い)状況を見事に打破したのが切れ目さんの復活であった。カテゴリーを見ていただくとお解りになると思うが、切れ目さんはそれはまだ群雌割拠という言葉が生まれる以前(だと思われる)時代からBLOGに登場し、しかもその関係が完全に切れることも無かった珍しいタイプの女子だ。それもひとえに、オレの長期的な営業活動が身を結んだ結果ではあったのだが、この期に及んでの切れ目さんの復活は往年の読者達さえも呻らせるものであった(むしろ、読者は「切れ目さん」って誰やっけ?と言い、BLOGの内容を理解できないことを嘆いた)。
 切れ目さんの復活によってオレは「惚れる」という感覚を取り戻し、25氏のコンサルティングに従った速攻作戦に身を投じることに。速攻作戦、それは非常に分かりやすい作戦であった。そこまで超絶仲良くなる前に告白してしまうことで、フラれた時の精神的損害を最小限に食い留めること&早期決着による天下泰平(それは少なからずBLOGの終焉も意味していた)を狙った妙策であったのだ。しかしながら25氏に出来高が支払われることは無かった…。
 そして現在、群雌割拠も成熟を迎え(?)、また次のジェネレーションへの以降を遂げ始めている。大雑把な分類として「メグミ2&婦女子期」「スミス&丸井さん期」「「背番号7&マルイチさん期」「ヲナニー&さま~ず期」(なぜかヲナニーさんはカテゴライズされていない、、追加しようかな)、それからポンロクやBARやgo.comで知り合った数人のツレナイ女子イベントを経て、時代は「バターさん&ヒロシ期」へと突入していくのである。。。
 BLOG内で群雌割拠と称される時代において、オレはいつも心無き読者から「~さんって誰やっけ?」「~さんはどこで会った人?」「~さんの写メールあったっけ?」などという、もはや嫌がらせとも取れる愚劣極まる夥しい数の質問を被ってきた。今回の記事はそれを期に群雌割拠を振り返ったものであり、少しでも読者の皆様に今後の展望を期待して頂く為の助けとなれば幸いです。遅くなりましたが結論です、バターさんに惚れました。まだ相手の気持ちが全然読めないのでどうなるか分からないけど、次回からはバターさんの話題がほとんどとなることでしょう。(あ、そうそう。また、さま~ずにgo.comしてもらえるかもやわ!群雌の種蒔きもかかさない!これがオレの美学!Goalを決めない美学!by あっちゃん&ラーション&異端児)

参考⇒群雌割拠~嗚呼、時代は女子と共に~
※直リンク不可能の為「対象をファイルに保存」でお願い致します。

~本日のピカ中さん~
そう言って土曜日にヒロシと遊んだら「こっちも惚れた!」とか言い出すんやろ。

異端児平井
スポンサーサイト


愛しき乳製品 | 【2006-06-26(Mon) 20:57:00】 | Trackback:(0) | Comments:(1)
コメント

種蒔きはほどほどにね!バターさんよろしおまんこ!ピロシキは食べたことないです。感想きかせてね!
オレも最近彼女ほしいなあって思ってきたわ。一時期DESWやってんけどなあ。
2006-06-26 月 23:23:00 | URL | kitty #79D/WHSg [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する